薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

秘密の芋虫(5)

いま、わたしは家のなかにひとりっきりである。わたしは一人暮らしを満喫しているのである。わたしを飼っている女の子と、その父親と母親は、家族みんなで旅行に行っているのだ。

はじめ、女の子は、旅行にわたしを連れて行くことを強硬に主張した。

旅行カバンのなかに、ソラマメと書かれたイチゴパックを詰め込もうとしているところを母親にみつけられ、やめなさいという母親と、つれていくという彼女との間で、言い争いが始まったのだ。

言い争いといっても、やめなさいと、つれていくという言葉を、お互い呪文のように言い合うだけであったのだが、それでもかなりの間、お互い飽きもせず、ずっと唱えあっていた。

やがて彼女は、わたしをイチゴパックのなかから無理やりとりだし握りしめ、目をうるませはじめた。わたしはじっとしているしかない。

母親は、そんなふとい虫を握るのはやめなさい、と大声で言った。

わたしはじっとしていながら、わたしのことをふとい虫というのもずいぶんな言い草であるし、ふとい虫だから握ってはいけないというのも、おかしな理由だと思った。

あげくには、汚いからはやく離しなさいという。手が臭くなるでしょう、とまでいう。失礼なはなしである。ぬか漬けを主食とするわたしは、つけものの塊のようなものである。天然成分、自然派である。自分のことを棚にあげて、ひとのことを不潔なもののようにいうのは、自惚れの強い証拠である。

貴君の、わきの下や股ぐらは、どれほど臭いか知っているのだろうか。わたしは真夜中に、貴君が寝ている時に、興味本位でフンフンと嗅いで、たいへんな目にあったのである。好奇心旺盛を反省したのである。真夜中、貴君のすぐ横で、みどりいろのふとい虫がのたうちまわって悶絶していたことを知らないようである。

女の子もかなりねばったのだが、母親という力を持つ、この大きい女にはかなわない。彼女はしぶしぶ、わたしを家に置いておくことに同意した。

彼女ら家族が出かけた後、わたしは気ままに過ごした。壁や天井にはりついて、しばらくのあいだじっとしていた。天井から糸を吐いてぶら下がり、空中でしばらくぶらぶらと揺れていた。母親の化粧台にある三面鏡の前に行き、三つの鏡に映った別のわたしたちと共にダンスやマネッこを楽しんだ。

とても有意義に過ごしていると、玄関でインターホンのチャイムが鳴った。わたしは悠然と無視した。しばらくすると鳴らなくなったので、化粧台の中にあった口紅というものをいじくりまわしていると、またチャイムが鳴った。無視しておいた。するとまたしばらく経ってチャイムが鳴る。わたしは、玄関の覗き穴から、様子をうかがって見ることにした。

 

2007.03.09 Friday