薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

ちんこかゆ太郎

諦めざるを得なくなって、辞めていると、何の準備もしてないのに話が舞い込んで来たり、それじゃあとやる気をだすと、話がダメになったり、それでもとやり始めると、病気になって出来なくなったり、もうどうすればいいのだろうか。
どうする必要もないのかもしれない。
これまでいろいろな目にあって(といっても人と比べたらたいした経験などしていないのかもしれないが)感じたのは、逆らえない流れみたいなものがあって、ダメになるときは何をやってもダメになるし、どう足掻いてもダメになる。何か滅ぼされようとしているな、とまで感じるほどで、命まで取られなかったのが(自殺しなかったというか、ギリギリのところで助けてくれる人がいたというのが)幸いして、なんとか生きてるわけで、書こうと決めたときから、生きている限りは書いてやるというスタンスなので、どうなろうと書けばいい、ということなのだった。
生きて書ける限りは、どうなろうと全部ネタになるというスタンスなので、あとは知ったことか、という覚悟でやってくしかないと、覚悟は出来ているはずなのに、その覚悟が全身にみなぎらないというか、心弱い中途半端な性格なので、覚悟はしているはずなのに、また一喜一憂するんだろな、という確かな予感がある。
ここはもう新たな覚悟を示すために、新しい再デビューのペンネームを決めようと相談してみると、「ちんこかゆたろう」がいいのではないかと言われた。
自覚はないのだが、いつもよく人前でチンコを掻いているという。
そんなバカな、と思いつつ、チンコといえば笑福亭鶴瓶なので、電話で話をしながらメモ用紙につるべのイラストを描くと、確かにつるべなら人前でちんこを掻くかもしれず、案外いけそうな気もしてきた。
その後、「チンコ」とカタカナ表記するか、あるいは痒太郎などと、名前を漢字表記するかなど、いろいろ意見を出し合っている内に、やっぱり最終的にはちんこかゆ太郎あたりがいいのではないかということになり、つるべの絵の上に大きく「ちんこかゆ太郎」と殴り書きし、電話を切った。
電話を切った後、そういえばコンビニに光熱費を払いに行かなければならないと思い出し、ついでに何かコンビニに行って買うものをメモするため、ちんこかゆ太郎(つるべ)を書いた紙を裏返して、そこに燃やすゴミ袋、洗濯用洗剤などとメモし、ポケットに光熱費の紙とそのメモをつっこんで、近所のセブンイレブンに行ったのだった。
そしてその後、カウンターにいた女子高生アルバイトの小野さんという店員に、光熱費の支払い用紙を渡そうとして、ちんこかゆ太郎と殴り書きされた、つるべが書かれた方の紙を誤って渡してしまい、二度とその店には行けなくなってしまったのだった。