薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

バーベキュー

本読んでたら、バーベキューの深層にある宗教的意味について書かれていて、肉を焼いて天に煙を上げて共に食うというある種の宗教的儀式みたいらしい。つまりバーベキューをする友だちがいないというのは、想像以上に友だちがいないというか、孤独ということなのだ。神に祝福されていないというか。つまりバーベキューをする側が、神に選ばれし側で、バーベキューをする友だちがいない側が、神に見捨てられし側、神に背いている側だ。神のご加護がない人生を生きる側だ。しかし神というのは非常にいけ好かない存在で、そんなバーベキューをする自分の側の人間たちも、川岸とかでやってたら、ときに鉄砲水で流したりという。
世の中で会う人会う人、バーベキューして、そこで肉焼いてわたしが差し出したら、この人は喜んで食べてくれるだろうかを想像して、自分の味方なのかを考えよう。いま想像してみたら誰もいなかった。
もうバーベキューをするのは無理なので、一緒に焚き火をしてくれる人、というのに切り替えていこう。これもおそらく本質的には宗教的意味があるのだろう。そういえば、震災の後で、孤独な人が一緒に焚き火をするとかいう村上春樹の小説があった。でも、一緒に焚き火をしていても、本当のそういう仲ではなく、そういう仲の振りをしているというのが、現実には、焚き火をしている奴らの中にも多々あるのではないか、と、そういうことを考えるから、やっている最中からもう一人の自分がそういうことを考えてるから、バーベキューどころか、焚き火をする人も集まらないのではないか、でもわたしはそういう奴なのだ。今その場を、そのささやかな幸せさえも、引いてみている自分がいるせいで心ゆくまでは楽しめない、というのは、どうしたらいいのだろう。
しかしよく考えてみると、バーベキューをする側が神に選ばれし側、となると、つまり薫の下流日記は、神に選ばれていないものの日記、ということなのだろうか。
となると、アウトドアグッズとかアウトドアメーカーとか、コールマンとかダッチオーブンとか、洒落た服着て、川岸とかでウェーイとかやっている連中が、神の子らなのだろうか。じゃあ、そういうモノ売っている企業は現代の宗教グッズを販売している、ということなのだろうか。
そこまで考えると、より、バーベキューをしている人たちを見ると物悲しくなる。
といって、バーベキューはひとりで出来ないし、お誕生日会もひとりでは出来ない。
ひとりでバーベキューグッズで肉焼いて、ビール飲んで、テント張って、ひとりでお誕生日おめでとうと書いた紙はって、色紙で輪っか作って、部屋の端から端に渡したり、三角の帽子被って、クラッカー持って、ひとりぼっちで部屋にいるというのは。

 

2015.07.24 Friday

 

広告を非表示にする