読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

おっぱいが見たい

クリスマスの夜。

小さな男の子が、おとうさんに肩車をされてはしゃぎまくっている。
笑いあうふたりの息が白い。こどもの笑い声っていい。
男の子もおとうさんも幸せ。
若い女性が身体に密着したセーターを着て、コートを羽織り、笑顔を浮かべてどこかへ急いでいる。
おそらく彼氏のところに行く。おっぱいの形がいい。
彼氏も彼女も幸せ。

わたしはひとりベンチに腰掛けてそれを見ていた。

ショッピングモールの周りに設置された、電飾で彩られた木の、その側にあるベンチに、ひとり腰掛けてそれを見ていた。

わたしには肩車をして喜んでくれる男の子も、わたしにおっぱいを見せるところを思い浮かべて、わたしのもとへ街を急ぎ足で向かって来てくれる女性もいない。

おっぱい。

誰もわたしにおっぱいを見せてくれない。

目の前を何人かの女性が通り過ぎていった。みんな服を着て、ブラをはめ、おっぱいを隠している。

わたしはいま仕事の休憩時間中で、あと数分すれば、このショッピングモールに併設されたオフィスビル内にある、職場のコールセンターに戻らなければならない。そこでは100人以上もの女性がオペレーターとして働いていて、電話応対をしている。

100人以上女性がいて、そこには200以上ものおっぱいがあるのだ。

しかし、どの女性のおっぱいも、ひとつたりともわたしは見たことがない。

どの女性も、わたしにおっぱいを見せてはくれない。

ずっとわたしからおっぱいを隠したまま、頭にヘッドセットをはめ、電話応対をし、ときに自分の席から立ってファックスを送り、コピーを取ったりしている。

わたしが実際には見ることのできないおっぱいが、かたちやシルエットだけ印象付けられて、わたしの目の前をいつもいきかう。

仕事中、ひとりの女性がそっとわたしを呼び出し、ビル内の、人気がない場所に連れていき、ほら、とおっぱいを見せてくれることはないのだ。

100人の女性が、わたしの前でそしらぬ顔をして働いている。

たとえば昨夜、ひとりの痩せた女性オペレーターは、風呂上りに男と言い争いになり、おっぱいを隠しもせず、黒豆みたいな乳首をむき出しにしたまま、男を口汚く罵っていたりしたはずなのだ。

それなのに、そしらぬ顔をしてブラをはめ、服を着、わたしの前で電話応対をしている。

誰も、わたしの前で着ている服を脱ぎ、ブラを取り、おっぱいを見せてはくれない。

誰もわたしにおっぱいを見せてはくれない。

夜風が冷たかった。時計を見ると、もう休憩時間が終わろうとしていた。

ベンチを立たなくてはならない。おっぱいを見せてくれる女性のいない職場に、働きに戻らなくてはならない。

誰もおっぱいを見せてはくれない。

職場にも、街角にも、交差点にも。

目の前のビルに点る明かりの下にも、おっぱいを見せてくれるひとがいない。

道をどんどんと進んでいっても、右に曲がっても左に曲がっても、おっぱいを見せてくれるひとがいない。

もう、どこにもいないのかもしれない。

そう思いながら、目の前の景色をじっと見つめた。

 

(自身の別ブログより転載)

広告を非表示にする