読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

感触

日記

錦糸町ムーミンショップでハンカチを見ていたら、突然横にきた四歳ぐらいの少女に手を握り締められた。どうやら親とわたしを間違えたようだった。

わたしの腰ぐらいまでしかないちいさな人が、わたしを見上げ、あれ、という顔をしている。もう少しで連れ去ろうとしていると勘違いされるところだった。

しかし少女の手というものは、小さくてやわらかかった。あんな感触はじめてだった。その手に、向こうから自分の手をきゅっと握り締められる。こんな幸せがあるのだろうか。一生そんな感触を知らずに死ぬおっさんもいるのだ。これは神がわたしに与えたご褒美なのか、トラップなのか。

 

2013.09.26 Thursday

広告を非表示にする