薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

ボウリングがしたい

わたしはボウリングが好きだ。
でも一緒にボウリングをしてくれる友だちがいない。
ひとりでするボウリングというのは、なんともいたたまれない気持ちになるのではないだろうか。
ひとりで投げて、ひとりでストライクやスペアーを取って、ひとりでガッツポーズをしていても・・・・・・
左右のレーンでは、友人同士や恋人同士が、ボウリングのゲームを楽しんでいるというのに。
それで投げ疲れたら、数人掛けの椅子にひとり腰掛け、コーラなどをひとりで飲んでいるというのは・・・友だちの振りをしてくれるサービスなんてものはないのだろうか。
他人からは友だちに見えるが、実はボウリング場のスタッフがひとりでやってきたお客様のために、なんていうサービスは。
ユニホームやマイボールを作り、プロでもないのにプロボウラーの振りをして、練習をしているんですよ、という感じでボウリングをしてはどうだろうかとも思うのだが、そんなに上手いわけでもなく、誰から見ても、わたしはプロボウラーではないので、何でこの人はユニホームを着てマイボールを投げて、ひとりでボウリングをしているんだろうと、よりへんな目で見つめられる可能性がある。

 

2012.05.18 Friday