読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

きかんしゃトーマスディーゼル10の逆襲

今週の土曜から公開される予定のある映画が、わたしの住む町の近くの映画館でもやっていないかと調べていて、偶然にも、なんと『機関車トーマス』の映画が (きかんしゃトーマスディーゼル10の逆襲)が、その調べていた映画とまったく同じ、今週の土曜日から、まったく同じ映画館(シネコン)の別スクリーンで公開される予定であるということをわたしは知ってしまった。


37の、そろそろ38にもなろうかという中年なのに、行きたい、『機関車トーマス』超観に行きたい、と思う自分がいる。


機関車トーマスの映画は、きっとゴールデンウィーク中に上映となるので、たくさんの子供連れで満員なのだと思うのだが、そんななかに、ひとり中年男が混ざっていても、いいのだろうか。二十歳で子供が出来ていたら、もう高校生の子供がいる年齢の中年が、ひとり混ざって観ていてもいいものだろうか。しかも他の人たちとは違って、自分でも何か説明できないよからぬ胸のときめきを内に秘めて、レールの上を走りまくる機関車トーマスを見つめ、蒸気を吐き出すトーマスを、暗闇の中、半笑いで見つめるわたし。そしてトーマスとその仲間たちのあの顔。


レンタルDVDが出るまで待つべきなのかもしれないが、映画館の大画面のスクリーンで、機関車トーマスの姿をわたしは観たい。

 

2012.04.24 Tuesday