薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

僕が僕であるために

最近、ローソンオリジナルブランドの、「シーチキン」にハマッている。
一缶百円と安いからだ。
最近コンビニは、スーパー購入層を獲得しようと思っているのか、オリジナルブランドを展開して、多くの人がスーパーで買うような食料品を安い値段で売っていたりする。
デフレの世の中、という感じかもしれないが、まさにわたしはそのメインターゲットという自覚さえあるので、そういう安いコンビニオリジナルブランドの製品を買わせて頂いている。
で、特に気に入っているのが、そのローソンの「シーチキン」なのだ。
「シーチキン」が食べたいけど、最近スーパーでも一缶二百円近くして、高いよな、と思っていたところに、この百円「シーチキン」である。
撃たれても撃たれても飛んでくるカモみたいに、ローソンに寄ったときには必ず五つぐらいまとめて買っている。毎日「シーチキン」を食べている。
何だか、その店の棚のシーチキンのスペースが、缶一個分から二個分の、つまり二列になってきて、ほとんどわたししか買っていないようなので、それは明らかにわたしのせいなのだ。
もう店の店員には、必ず「シーチキン」を買うおやじと認識され、店員の間や店員の頭の中では、「シーチキンのおっさん」と呼ばれていることだろう。「シーチキン」などと呼び捨てにされているのかもしれない。
「今日、シーチキン来た?」
「ああ、そういえばまだですね」
みたいな感じで。

こういうのは自分の本でも書いたのかもしれないが、わたしもコンビニで実際に働いていたことがあり、「ジョージアエメラルドマウンテンブレンド」ばかりいつ も何本か買っていくオヤジを「エメラルド」と呼んでいたし、毎日仕事帰りにタバコを買っていく女、しかも「セブンスター」を吸っている女とかを、「セッター」今日は来ないな、と思っていたりしたので、おそらくそう呼ばれたり、思われたりしている可能性は高いのだった。
だいたい人というのは、ある決まった銘柄の商品を継続的に買い続けているものなので、特に仕事が忙しく、いつも夜遅くにコンビニに寄って買い物を済ませているような人は、顔を憶えられて、その商品の名前で認識されている可能性もありますが、そういうのって、どうですか。
後藤洋子とかいう名前があるのに、顔だけはお互い知っているが詳しくは誰か知らない程度の人間から、「ロリエ」とか、「ウィスパー薄型スリム」というコードネームで密かに呼ばれているというのは、なんかいいですね、それって。

しかし、そうだとすると、こう、自分のアイデンティティとして、勝手に呼ばれているとはいえ、「シーチキン」とは呼ばれたくない気がする。
わたしの画像を見せて、あだ名をつけるとしたら、どういう商品名をつけますか、と百人にアンケートを取ったとしても、「シーチキン」には成らないと思うのだ。
わたしは「フリーター薫」などという名を半ば無理やり付けさせられて、見知らぬ人にインターネットで検索などまでされて、ここに訪れられたりしているのだが・・・
ええい、僕は僕だぞ、と叫びたくなるときがある。
つらつらと考えてみて、あらためて、どういう商品名のあだ名をつけられたいか考えてみて、「ロリエ」というのが浮かんできた。「ロリエ」がなんか自分らしいんじゃないかと思えてきた。

ロ・ リ・エ。ロリエって、いい語感ですよね。僕もロリエって呼ばれたいです。ロリエマンとか。変身したいです。1ダース分位のロリエが入っている、花王から薬 局とかに送る用のロリエの箱から、手と足と顔を出して、胸に「ロリエ」って書いてある感じで。ロリエマン薫は、世を忍ぶ仮の姿として、物書きをやっている のだった、って。
ウィキペディアで、「ロリエ」、花王の生理用品の名称、または「フリーター薫」の別名、あるいは自称名、と書かれる位に、頑張りたいと思います。ちょっと花王に勝手にロリエと名乗るな、と裁判を起こされる位、頑張ろうと思います。
でも、皆が僕をロリエと呼び始めたら、ロリエはロリエですからね。でも、それで花王の歴史あるロリエが、『血吸い丸』とかいう商品名になったら、責任を感じますが。
まずは、いつも行くコンビニで、わざとロリエばっかり買ってみようかしら。一日三パックずつぐらい。
でも、ロリエマンとか呼ばれる前に、なぞの変態としてマークされるおそれがあります。真夜中にやって来ていつもロリエを必ず買って行くって。

 

2010.06.06 Sunday