読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

誰のうんこになるべきか

お家で紅茶を飲んでいると、芸能人のうんこになるんだったら、誰のうんこになりたい、と言われた。

わたしは大橋のぞみちゃん、と相手は言う。

自分から突然言いだしたくせに、何だか卑怯である。

芸能人のうんこになどなりたくはないが、それでも強いて選ぶとしたら、のぞみちゃん一択という感じであるのに、既にのぞみちゃん以外で選択せよ、と言っているのと同じではないか。

わたしは思わず中尾彬のうんこになったところを思い浮かべてしまったのだが、志乃ぉーとかいいながら出てくるのはイヤだし、何だかどす黒くて臭そうなのでイヤなのである。

だが、ちょっとまてよ、とわたしは思った。

よくよく考えてみれば、志乃は実はあの古今亭志ん生の孫なのである。
あの志ん生の孫の婿のうんこになれるのなら、それもいいかな、マフラーをねじねじするとことかがイヤだけど、わたしの人生?うん生に悔いなし、とも思ったのだが、だったらはじめから池波志乃のうんこになればいいのではないか、という気もしてきた。

温泉宿のレポート番組撮影中とかに、旅館でもよおした志乃に出されて天寿を終えるわたし。

しかし、もっとよく考えてみれば、志ん生のうんこにならまだしも、別に孫のうんこになどなりたいとは思わない。

ふりだしに戻ってしまった。

じゃあこども店長かな、とも思ったが、それは何だか安易な気がする。

うーん、誰のうんこになるべきか。

じっと考えてみたが、よく考えてみると、これはなかなか重い問題を含んでいる。
つまり、海で全員が溺れています、ひとりだけ助けられるとしたら、誰を助けますか、という問いにも似たものではないだろうか、という気がして来た。

しかもうんこになるということは、ある種、栄養を取られて、その人間の血や肉となって、排泄されるということだから、うんこになるまでは、からだの中にいて、共に行く場所には行き、右に曲がれば右に曲がり、左に曲がれば左に曲がり、登れば登り、降りれば降りるということだ。特に、こいつのうんこになりたくないのはなぜか、と考えるのは、大事なことかもしれないな、と思った。

溺れている話よりも、より核心をついた問いなのだ。

わたしはあなたのうんこになりたいとは、物凄くアツい告白ではないだろうか。
全肯定というか。

そこでふと思い、でも、今ののぞみちゃんなんでしょ、三十年後ののぞみちゃんとかはイヤなんでしょ、と相手に訊いてみた。

そう訊くと、何だかウグ、という顔に相手はなって、うん、今ののぞみちゃん限定だね、と言う。

じゃあオレは夏帆かな、今の。
もう今の夏帆のうんこになりたいです。
と言ったら、あの子ちょっとブサイクじゃないっけ、イヤかわいいんだけど、どことなくちょっと角度によってブサイクと言うか、垢抜けないというか。

何だと、そこがいいんじゃないか素人め、アマチュアめ、オレの嫁になんてことを言うんだ、と思わず激昂してしまうわたしに、相手は更に、それに夏帆って何歳なの、ちょっとロリコンなんじゃない、とか言いだして、別に若ければいいってわけではないんだ、オレは別に熟女も全然ストライクゾーン(何だか上から目線で熟女の方には本当に申し訳ないですけど)というかどちらかというと熟女大好き芸人の方だし、夏帆というのは別にティーンだとかそれもあるけどそういう話じゃないんだ、とか、こんがらかって来て、うんこの話はどこかに行ってしまったのだった。

 

2010.03.16 Tuesday