薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

ボクサーブリーフ

最近わたしが気に入ってる下着、ザ・グンゼシリーズの、ボクサーブリーフ(リブ素材)を買ってきた。
売り場で、ニットトランクスにするか、ボクサーブリーフにするか迷ったのだが、ボクサーブリーフを買ってきてしまった。
この気持ちは何だろう。女子でいえば、ちょっと冒険してガーターベルトを買ってしまった、という感じだろうか。ちょっと隠微なデザインの、レース使いの、Tバックを買ってしまった、という感じだろうか。
薫も、下着姿でウフフとか微笑んでみたかったの。鏡に映して、しなをつくってみたりしたかったの。
これでわたしもセクシーの仲間入りだ、と思った。さっそく穿いてみた。
あれだけセクシーだったボクサーブリーフが、なぜか変態が着ているコスチュームのようになってしまった。何だかわたしが穿くとそう見えた。
やっぱりボクサーブリーフというだけあって、ボクサーのような体形をしていないと似合わないようだった。ボクサーブリーフ一丁で、鏡の前に立ってみた。何だかわたしのからだは、新種の妖怪みたいに見えた。

ボクサーブリーフには、デザインなのか、横の表側にGというタグが付いていた。おそらく、GUNZEのGなのだろうが、何だかそのGが、わたしが穿いた場合、さらに変態さを強調するワンポイントになってしまっていた。
穿いたらセクシーになると思って買ったけど、似合わないから返品するわ、なんてことができるだろうか。穿く以外に、何かボクサーブリーフに別の利用方法はないだろうか。

 

2008.10.15 Wednesday

広告を非表示にする