読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

東京日記(13)

夕方、スーパーからの帰り道、おばけに襲われた。
いゃああと叫んで、地面にうずくまった。
しかしよく見ると、スーパーの白いビニール袋だった。
風に吹かれて空に舞い上がったビニール袋が、突然わたしの目の前に舞い降りて来たらしい。
いい年して、いゃああと叫んでうずくまった自分にも驚いたし、なぜかおばけだと思い込んだ自分にも驚いた。
おばけがいるだなんて、まだまだ自分が如何程のものかとも自覚せずに、世界を自分中心に認識している証拠かもしれない。
東京の片隅に、ゴミ虫のようなわたしをはりつけて、地球は恐ろしい速さで自転と公転を続けているが、それはわたしには実感できないのだった。

 

2008.08.21 Thursday

広告を非表示にする