読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

カラス

わたしの家の周りを、カラスたちが取り囲んでいる。
わたしの家の周りの、ビルや、家の屋根にとまり、数羽のカラスが、カアカアカア、カアカアカア、カアカアカアと鳴き合っている。
ある一羽のカラスが、カアカアカア、と鳴いてから、それに答えるようにまた別のカラスが、カアカアカアと鳴く。まるで何か話しをしているようだ。
あるカラスが、なぜかうちのベランダスレスレを、かすめるように飛んでいった。
その後もカラスたちは、カアカアカアと鳴き続けている。
なんだろう。こわい。
なんだかわからない別の鳥もやってきて、わたしの家から見える、ビルの上にとまっている。
あまりにも鳴き続けているので、こわくなって、この日記を書き始めたら、鳴き声が止んだ。ベランダから顔を出して確認すると、皆飛び去って行ったようで、姿が見えなくなった。
何だったのだろう。何か起こるのだろうか。
わたしは広島からやってきた、「自称鳥の神様」なので、何かを知らせに来たのだろうか。
鳥の言葉はわからないが、何だか特別な行為のように感じた。
地震などが起きなければいいのだが。
いいことの知らせなら嬉しいのだが。

 

2008.03.07 Friday


(追記)
そういえば、数日前から左の胸と背中が痛かったのだが、この出来事があってから、痛く無くなっているのに今気づいた。何か悪いものを追い払ってくれたのだろうか。


以前書いたわたしが鳥の神様であることについて。

神様(1)

神様(2)

神様(3)

広告を非表示にする