薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

上京日記(63)

六月二十八日

冷蔵庫が見える。冷蔵庫が見えた。ついに冷蔵庫さんがわが家に来た。

配達に来た人が帰るまでは、なんとか平静を装ったが、帰った後は冷静ではいられなかった。

冷蔵庫さんに抱きついた。頬ずりした。

何度も扉を開け閉めして、まだ何も入っていない、真新しい冷蔵室や冷凍室を見た。
コンセントを挿し込んでから、だんだんと中が冷たくなってきている。冷蔵庫という名前は伊達ではない。そっと冷蔵庫さんをなで、プロだな、と呟いた。プロ中のプロだな、とわたしは呟いた。

 

2007.06.28 Thursday

広告を非表示にする