読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

戦争とうんこ

友人と、「300」(スリーハンドレット)という映画を観た。ペルシア戦争における「テルモピュライの戦い」を描いた映画だった。ギリシャに侵攻してきたペルシア軍百万を、スパルタの精鋭三百を中心としたギリシャ軍の先遣隊が、テルモピュライという海と山に挟まれた幅わずか十五メートル程しかない細い街道で迎え撃ち、三日の間ペルシア軍の侵攻を阻み、最終的にスパルタの精鋭三百は全滅するのだが、のちの世まで英雄として語り継がれたという、本当にあった話である。

スパルタの精鋭三百は、一人一人が一騎当千とも言うべきとてつもない強さで、ペルシアの兵は全く歯が立たたない。スパルタ兵超強い。ガチならスパルタに敵なし。スパルタ万歳。この上もなくヒーロー気分が味わえて、実に爽快であった。

しかし、どこかもう一人の自分が、ちょっとあのスパルタ兵の鍛え上げられた肉体美に、反感を持ったことも確かである。スパルタ兵の四つに割れた見事な腹筋。スパルタの重装歩兵って、上半身剥き出しだったっけ、鎧を着ていた筈では、と、そこはアクション活劇であるのに、まんまるな腹を持つメタボリック兵は、揚げ足の一つもとりたくなったのであった。


そもそも、ペルシアの軍はアホの集団か、と説教したい。
スパルタの精鋭達は、百万の大軍にたった三百で戦いを挑んできているわけであるから、そもそも戦いに勝つことを目的にしているわけではなさそうである。 じゃあ命までかけて何をしようとしているのかと考えると、いわゆる殉教者精神とか、特攻隊精神とか、武士道精神という、そんなものとしてのちの世では表れてくるもの。あるいは一発ぶちかまして、奴らと事を構えるのは割りに合わないと、他人に思わせるためであるのではないか。

それに加えて、百万相手に三百で戦おうとする奴らは、自分達はエリートだという自負を持っていそうだし、実際そう思うぐらいに強そうだし、イヤらしくも、最後に華々しく、カッコよく死のうとしてそうである。

死と引き換えに名誉を手に入れようとしている奴や、自らの集団の自尊心を煽って、人々を奮い立たせようとしている奴と、まともに戦うこと程バカらしいことはないのでは、と思う。

 

戦いには負けても、勝負には勝とうとしている人間を、相手にする必要がどこにあるというのだろう。そんな人間は無視するのに限るのではないか。

しかし、ペルシアは真正面から相手にする。映画では、ペルシアの人間は、その姿がどうも変態ぽくて、メタボリックも一員にして、入れて仲間に、と一瞬思ったのだが、案外中身は単純どノーマルな人達のようであった。

奇抜な格好をしている奴ほど、案外単純でつまらない奴だ、ということだろうか。

弱者の必死の抵抗を、嘲笑うかのように強大な力でねじ伏せる、というのは、誰もが持つ心理であるから、そこは一筋縄ではいかない変態振りを、変態の誇りを見せて欲しかった。

あと、ペルシア軍百万と聞いて、ホントなの、と思ってしまった。百万といったら、わたしが出てきた広島市とほぼ同じである。食料はどうしたのだ、と思う。さらに食べたらうんこが出る。うんこはいったいどうしたのだ。

広島市は下水道が発達しているので、うんこは目に付かない場所に見事に処理されていくのであるが、大昔のギリシア辺りで、しかも町ではなくて野戦である。うんこはどうしたのだ。一日で百万うんこ。二日で二百万うんこである。三日間ギリシアの先遣隊に食い止められたのだから、三百万うんこは同じ場所で、ということになる。

小便だって百万だったら川みたいになるのではないか。うんこだったらもう巨大な沼である。うんこ沼。絶対にはまりたくはない。はまったら二度と出てこれそうにない。底なしの沼である。とてつもなく巨大な穴を掘って、百万人が順々にうんこをしていく。ガスなども発生しそうで、それはとてつもない臭いもしそうで、誤って落ちたりした奴も、何人もいたのではないか。戦いがはじまる前からもう地獄絵図である。

そこまで考えて、わたしは一つの作戦を思いついた。何も、真正面からスパルタの精鋭と戦う必要はないのである。あんなマッチョバカなど、百万のうんこで生き埋めにしてやればよかったのに。海と山に挟まれた細い街道に陣をはったスパルタ精鋭三百を中心とするギリシア軍とまともに戦ったおかげで、ペルシア軍には何万という死者が出たらしい。つまり何万もの人生が失われた。またそれによって、ギリシアは奮い立ち、しかもスパルタの精鋭は英雄として語り継がれた。そして最後には戦争にも負けてしまった。まったく向こうの思う壷である。

スパルタの精鋭達は、その細い街道で戦うしか道はないわけであるから、その細い街道から動けないわけである。広い場所に出てきたら百万人に囲まれて、一瞬で形がつく。ということは、向こうからは攻めてこられないというわけである。

だから、海と山に挟まれた街道というのを、百万のうんこで埋めた立てて真っ平らにしてしまえばいいのではないだろうか。そこに留まればうんこで生き埋め、退却すれば向こうの思惑は丸潰れ、平らにしたうんこロードの上を悠々と進軍すればいい。街道から出て攻めてくれば、一瞬で形がつく。

大きな金属製の盾と長い槍を見事に使いこなし、一騎当千の精鋭達も、槍や弓矢や刀や人間の肉体は防ぎきるが、それらは固い固体である。大きな釜でグラグラと煮立たせたうんこが、空から雨のように降ってくる。液状になったものを、その自慢の屈強なからだで防げるだろうか。

細い街道に向けて、海と山と自陣から、煮えたぎったうんこが入った容器を、投石器のようなものでどんどんと投げ込んで行く。原料は百万の兵の糞なので無限にある。時間が経てば経つほど、うんこクラスター爆弾は増えるのである。からだにかかったら大やけど、何も出来ず熱いうんこにのた打ち回るスパルタの精鋭。スパルタの肉体と精神など、百万のうんこの前では無力である。誇りも尊厳も自尊心もあったものではない。はじめは液状でも、うんこはどんどんと積み重なって固まっていく。うんこで生き埋めである。うんこによって、戦えもせずカッコ悪く生き埋めになった人間達を、後世まで語り継ぐだろうか。

人生をかけて鍛え上げたものが、まったく発揮も出来ず、その精神と誇りそのものが無価値であると思い知らせるように戦う。これで後の戦いも有利に進められる。

戦うとまったく自尊心が奪われるような目に合うとわかっても、向かってこられるか、見ものである。勇ましさを誇る人間の多くは、美しく死ぬことによって永遠に生きたいという欲望を持っていそうだが、それさえも奪われて、勇ましくいられるか、勇ましさとは何なのか、それによって問うてみたい気が、メタボリックは少しした。

自分で思いついておきながら、うんこはとても優秀な兵器であるような気がする。煮立たせないうんこも投げ込んだら、からだに傷があれば破傷風になるだろうし、口に入れば虫が腹にわくかもしれない。うんこはミサイル兵器でありながら、細菌兵器でもあり、生物兵器でもある。しかし、使用した後は他のそのような兵器と違って自然にあまり害を与えない。うんこは肥料でもある。

我ながら凄い思いつきであるかもしれない。あの時代に生まれていたら、カオルクセスとかカオルバルとか、カオルメネスみたいな名前で、名将として語り継がれたかもしれぬ。残念である。うんこの将軍カオルバルに率いられたうんこ軍団が、テルモピュライでスパルタを破る、と世界史の授業に出てきたかもしれぬ。生まれる時代を間違えたかもしれない。

 

2007.07.12 Thursday

 

広告を非表示にする