読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

上京日記(55)

六月二日

家に帰るのがめんどうくさくなり、友人の家に泊めてもらった。風呂を借りたら、わたしの使った後には、すごい量の毛が落ちていたという。

確かに自分でも、わたしは少し毛が抜けるペースが速いのではないかと思う。

わたしの部屋はちょっと掃除をしないと、まるで床から毛が生えているのではないか、というぐらいに、床が毛だらけになるのだ。

まるで歩く毛玉だね、と友人に言われた。

わたしは毛深くない質なのだが、どうやら日々、たくさん毛が抜けているらしい。

しかし、わたしはまだ禿げていない。ということは、抜けるのも速いが、生えるのも速いということになる。細胞分裂が活発、活発な細胞分裂は癌、ホクロ、ホクロ癌、と、負の想像連鎖を行ってしまった。自分では自覚がないのだが、やっぱりわたしは異常な程のネガティブシンキングなのかもしれない。

 

2007.06.02 Saturday

 

広告を非表示にする