読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

にくいアフリカ野郎

ある日。
またチャバネゴキブリを見かける。
奴等はアフリカ出身らしい。アフリカンなのだ。
ヒトもいわゆるアフリカ出身で、幾年も旅をして日本にたどり着き、いまは日本人と名乗っているのだが、元はアフリカンなのだ。
彼らは義理堅くも、日本人を追って貨物船などに忍び込み、遥か時を越えて私たちのそばにまたやって来たわけだ。

ニュータイプばりに何かを感じたので、もしやと思い炊飯器を持ち上げると、輻射熱で暖まっていやがった。泡食って逃げ出しやがって、高いところからボトリと落ち、右往左往したあと冷蔵庫の下に隠れやがった。仕留め損ねた。殺虫剤を切らしている。チャバネには設置型の毒エサがあまり効かない。エエイ、何だそ の頭部の模様は、イカシてるつもりか。

奴等の習性として、外に出てくるのはオスだけで、メスは巣にいるらしい。外にいる奴をすべて殺しても絶滅しないという戦略だ。メスは基本巣から出ないで、 オスのウンコを喰っているというのだ。ウンコしか喰わないのか。人間もそうだったら面白いなと思う。家に帰ってくると女にウンコをせがまれる男。想像してひとりわらう。

バルサンは面倒くさいし、いい方法はないものか。奴等の秘密結社は流しの裏だということには気付いているのだ。根絶やしにしたい。私は平和主義者ではない。

 

 

2007.01.01 Monday