読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

ボウリングがしたい

わたしはボウリングが好きだ。でも一緒にボウリングをしてくれる友だちがいない。ひとりでするボウリングというのは、なんともいたたまれない気持ちになるのではないだろうか。ひとりで投げて、ひとりでストライクやスペアーを取って、ひとりでガッツポーズ…

おしっこだけ

電話をしてたら、相手に情けないな、チンチンついてんでしょ、と言われた。確かにチンチンついてるけど、おしっこにしか使ってないよ、と言ったら、なぜか怒られてしまった。 2012.05.14 Monday

東京日記(42)

トイレに入って、出すのにエラく苦労したな、と思って見たら、そこにとんでもなく大きなウンコがあった。 ぞうがしたのかと思うほどだった。 自分のウンコを見て、思わずマスオさんみたいに「エー!?」と驚きの声をあげてしまった。 いったい昨日の自分は何…

きかんしゃトーマスディーゼル10の逆襲

今週の土曜から公開される予定のある映画が、わたしの住む町の近くの映画館でもやっていないかと調べていて、偶然にも、なんと『機関車トーマス』の映画が (きかんしゃトーマスディーゼル10の逆襲)が、その調べていた映画とまったく同じ、今週の土曜日か…

逮捕特権

東京のいろいろな町にも、一通り行くことができたんですが(最近はじめて渋谷に行って)、一通り行ってみて、秋葉原にいるカップルがいちばんエロイ感じがする、という結論を得ました。秋葉原にいるちょっとオタクっぽいカップルはエロイです。初体験を夏休…

東京日記(41)

ワタミの社長とまったくかみ合わない議論から言い争いに発展し、殴り合いのケンカになる夢を見た。あの笑った顔のまま、わたしはボディに何発もパンチを叩き込まれた。しかし不毛なのは、別にワタミの社長を論破したからといって(おそらく現実では論破され…

東京日記(40)

2月3日マンガ『包丁人味平』が読みたくなる。原作、牛次郎先生、漫画、ビッグ錠先生の『味平』が読みたい。特にカレー戦争編が読みたくてたまらなくなる。しかし、『包丁人味平』が、いくら史上初の料理マンガとも言われる不朽の名作マンガであるとしても、…

ワカンナイ

政治や経済や社会やについて人が語っているのを、読んだり聞いたりしていながらも(つまりそれなりに関心はあるのだが)、それっていったいどこからの情報なの、あなたって何なの、何様なの、何かの中心人物なの、と思いながら(でも何も言わずに黙って)、…

歯車でさえありません どうしてボクには仕事がないんだろう(1)

「ボクは社会や組織の歯車にはなりたくないんですよ」なんてことを言うヤツがいたら、長い棒切れを振り回してどこまでも追いかけ回してやりたい。 この若造が、未成年が、何を言いやがる、という気持ちになる。うん年前、大学を卒業した頃の自分もまさにそん…

攻撃的なおっぱい

「攻撃的なおっぱいってあるよね」と突然友人に訊かれる。「あるよ」と答える。友人は職場(お堅い仕事)でつい気を抜いてしまい、なんか攻撃的なおっぱいってありますよね、と雑談の折に何気なく口をすべらせてしまったら、なにそれ、という顔を職場の皆に…

キノコストラップ

住む町の駅前にあるコンビニで、キノコストラップというものを見つけてしまった。コンビニの前にいくつか置いてあるガチャガチャの中に、偶然見つけてしまった。ガチャガチャの器械の中を横から覗き込んで見ると、中にあるカプセルの量は残り少なくなってい…

東京日記(39)

2月1日マグドナルドでハンバーガーを食べたくなったがお金がない。仕方がないので、ノートの紙にハンバーガー、チーズバーガー、ベーコンレタスバーガー、ビックマック、フィレオフィッシュ、チキンマックナゲット、ポテトS、ポテトM、ポテトL、ポテトL…

股引の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

最近寒くてしょうがない。特に下半身が寒い。ああもう、「股引」を穿きたい。毎年一月、二月のこの季節になるとそう思うようになっているのですが、何かの最終防衛ラインというか、そこだけは絶対死守というか、そこが落ちると本土を爆撃されちゃう最終防衛…

秋葉原にいるひと

人と会う約束があって秋葉原に行った。秋葉原は夜の6時だった。6時だけどもう夜だった。季節は冬なのだった。ヨドバシカメラで待ち合わせだったのだが、待ち合わせの時間よりも早く着いたので、一階のフロアーを見るともなく見て回ることにした。携帯電話の…

ぼくは勉強ができない

わたしの育った町である広島というのは、今でも中四国で唯一人口減少のない都市で、それなりに栄えており、「広島カープ」や「サンフレッチェ広島」という、野球チームやサッカーチームがある都市でもあって、いわゆる福岡や仙台や札幌などと同じような、そ…

東京日記(38)

夜遅く、近所のコンビニに行った。わたしが店に入ってきても、いつの頃からか、いらっしゃいませとは言われない。家の近くにそのコンビニしかなく、もう数年通い続けているので、アルバイトに顔を憶えられているからか。わたしも二十代の中頃、深夜のコンビ…

東京日記(37)

近くの公園から、子供たちのはしゃぐ声が聞こえる。わたしはひとり部屋にこもっていた。 2011.10.08 Saturday

女の子も大きくなると

昨日スーパーでわたしを欲しがった女の子のことを考えていた。スーパーで大根を選んでいた中年を、母親に買ってくれとねだっていた、小さな女の子のことを考えていた。その女の子の母親に購入され、女の子のお家に連れ帰られた方がいっそのこと幸せだったの…

女の考えていることはわからない

友だちに聞いた話。友だちの知り合いの娘(まだ小さい)に、たこが好きな子がいるらしい。 その子は食事に何を食べたいかと親(友だちの知り合い)が聞くと、必ずたこが食べたいと言う。家族で買い物などに出かけて、みんなでお昼は何食べようか、となったと…

東京日記(36)

「おめでとうございます、あなたは性器がでかい人コンテストに見事当選されました」というメールが、夜、突然わたしの携帯に送られてきた。なぜわかったのだろう。しかし、全然使い道がない。高校生の頃、サッカー部であまりにシュートが下手で入らないFW…

「気をつけろ、変態者があなたを狙っている!!」

わたしの住むアパートの周りに、「気をつけろ、変態者があなたを狙っている!!」と大きく書かれた看板がいくつかたてかけてある。 その看板が目に入るたびに、なぜか自分のことを言われている気がして、一度あたりを見回してしまう。「気をつけろ、変態者が…

ホットスポット

何だか聞いた話によると、わたしの住んでいる町は、東京でいちばん放射能汚染されている場所らしいのです。ホットスポットとかいうらしく、放射性物質が、雨で降るとかで、福島から離れているのに、放射能汚染は高い地域、ということらしいのです。どうやら…

手足の無いもの

どういう話の流れでかはわからないが、コスプレするなら何のコスプレをしたいか、と友人に訊かれて、機関車トーマスになりたいと答えていた。というか、トーマスではなくても、正面が顔になってる列車の姿にならなんでもなりたい。今朝、フジテレビでやって…

フリーター薫

わたしの本、『どうしてボクには仕事がないんだろう』、初版で刷った8000部、発売からもう少しで二年程ですが、そろそろ在庫が無くなって来たようです。余った在庫のかなりを断裁処分した可能性もありますが、なら契約は三年なのに、なぜ二年も経たないうち…

東京日記(35)

夜、ある人間に対して、ひたすらうんこ漏らせうんこ漏らせと念じていた。人前で漏らせ、往来で漏らせ、職場で漏らせ、うんこ漏らせ、と念じていたら、自己催眠にかかってしまったのか、突然お腹が鳴ったかと思うと、ああヤバイ、と思ったのも束の間、そのま…

東京都知事選、政見放送

わたしも都民なので、東京都知事選の、政見放送を見ていた。新聞には取り上げられないような、都知事候補の人たちの政見放送。出ている人間すべてが、何だかいかもの臭い。本人は真面目だか、売名なのか、歪んでいるのかわからないが、いかもの臭く見える。…

東京日記(34)

福島原発から海に流れ出た放射性物質によって巨大化したカニ達が、東京湾から何匹も上陸し、都民を巨大なハサミで真っ二つにし、「蟹光線」という、人を一瞬で黒焦げの炭に変えてしまう光線を目から発して、それを都民に次々と浴びせかけている。突然現れた…

鎖につながれたら、鎖のまま歩く。 十字架に張りつけられたら、十字架のまま歩く。 牢屋に入れられたら、牢屋を破らず、牢屋のまま歩く。

わたくしは貧乏なのでミネラルウォーターとかを料理に使う程のお金はなく(そもそもミネラルウォーターが見当たらないのですが)、おソバを湯がいたり、ご飯を炊いたりするときは水道水を今現在も使用しております。もうセレブを自負する方たちは総てミネラ…

東京日記(33)

友人がトイレットペーパーを送ってくれたのでもう必要ないのですが、やっとわたしの家の周りでも、店の棚にトイレットペーパーを見かけるようになりました。ある薬局で見かけたトイレットペーパー(トイレットペーパーの代用品?)の商品名は、「ソフトレデ…

ご説明

このブログは、同じ日に何度も更新されることもあれば、何ヶ月もの間、全く更新されないこともあるという、いい加減なブログです。 2011.03.25 Friday

東京日記(32)

夕方、箱が届いた。千葉に住む友人からで、開けてみると、中にトイレットペーパーが二ロールだけ入っていた。今日のご飯朝、かけそば、昼、ポテトチップス「のりしお」、夜、「日清出前一丁」 2011.03.24 Thursday

へんな趣味に目覚めて

ちゃんと世の中は回っているようだった。今日、近くのスーパーに行くと、あれほど品不足だった女性用生理用品もたくさん置いてあり、米も、お一人様ひとつ限りとなっていたが、福岡産の米、五キロの袋が積み重ねてあった。別にわたしは、今すぐそれらを必要…

うんこを拭く紙

うんこを拭く紙が無くなります。最後のワンロールです。スーパーコンビニ、個人商店と、トイレットペーパーを求めて毎日、今日こそは仕入れられてないかと棚を確認しに行っているのですが、あの愛しの、白いクルクルロールの束は、どこにも見当たらないので…

2011年3月11日

家で寝ていると、揺れを感じて目が覚めた。 これまでに体験したことのないほどの大きな揺れだった。 古い木造アパートは今にも倒壊しそうで、天井を見つめて、これは死ぬかもしれないな、ここでわたしは終わりなのか、と一瞬思ったことを憶えている。 アパー…

東京日記(31)

今日はテレビでマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』がある。楽しみだ。 わたしは家族を殺されない限りは何をやってもマイケルは無罪、という、マイケル原理主義者なので、今日はメッカでマイケル祭が催されるという感じなのだ。 そういえば今日はクリスマ…

東京日記(30)

何か最近夜になると、頭のてっぺん辺りから治りかけの傷口みたいなニオイがするのだが、わたしは大丈夫だろうか。もう何か加齢臭とさえも言うことができないようなニオイが頭からしている。 2010.12.17 Friday

聖闘士

最近スランプで調子が悪く、まともな文章を書くことができない。文章が荒れて、波が激しいというか、自分が書いた文章を、自分で客観的に見られなくなっている。何度も何度も推敲すればいいのだが、それにも何か時間が掛かってしまって、仕事の文章が中々満…

東京日記(29)

つのだじろうの『悲しげな女が踊る』が読みたくてしょうがない、と言ったら、中野の「まんだらけ」に行けばあるんじゃない、と言われた。ま、まんだらけ!そんな場所があるのか、なんだかすごくヌラヌラしてそうだ。くさいんだか芳しいんだかわからないよう…

発売から一年半

薫はちっさい男なので、ネットで見ることの出来る書店の在庫は、いつも常に確認している。一日に何度も確認している。今日は一冊売れた。ああ、最近全然売れてないと、殆どノイローゼに近い状態で確認している。売れた冊数まで正の字を書いて数えているぐら…

自分はどこに立てばいいのだろう。

夜中、吉野家で牛丼を食べた。わたしにとっては久々の贅沢。店に客はわたし一人しかいなかった。注文した牛丼が運ばれて来たときに、店に、三人の女子高生が入ってきた。一人は私服で、二人は制服だった。こういう、二十四時間営業の店しかもう開いてない時…

ナイトライダー

昔を懐かしみ、外を歩きながら、友人と『ナイトライダー』ごっこをしていたら、下校途中の小学生達に不審な者を見る目で見られた。友人はマイケル・ナイト(デビッド・ハッセルホフ)役。わたしはスーパーカーナイト2000、デボン・シャイアー、ナレータ…

自称作家の

何だかここでブログを書いていてちょっと不満なのは、自動的にアップした文章に広告が付くのですが、その広告が、「ワキガ治療」とか「ホクロ除去」とか、 矢追純一のUFOとかで、そんな広告ばかり付いていると、まるでこのブログはコンプレックスだらけで…

東京日記(28)

最近テレビのコマーシャルで流れている歌のサビを無意識に口ずさみ過ぎているらしく、人に注意を受ける。一人歌いながらニタニタしているので気持ちが悪いという。確かにここまでマイブームなのは、知念里奈の『DO-DO FOR ME』以来。何かはじまらないままは…

東京日記(27)

コンビニで小さな女の子がおにぎりを親にねだり、自作の昆布むすびの踊りを踊っていた。少女よ、おじさんも昆布がいちばん好きだぞ。シーチキンなんて言うのはアマチュアだよな。買ってもらえることになり、コブーと喜びのポーズを取っていた。めっちゃ喜ん…

あたしベッキーよ

昨日、わたしの夢に上戸彩が出てきた。なぜか夢の中のわたしは大学生(役?)で、女子大学生(役?)の上戸彩とは友達ではないのだが(友達になるかならないかぐらいの仲なのだが)、小講義室での語学の講義で、たまたまそのとき顔を見知っている者がお互い…

東京日記(26)

「カープの長内はUFOなのよ」 「え、宇宙人じゃなくてUFO?」 「そう、UFOなの」 黒いスーツを着たわたしに、スーツ姿の女性がそう言った。 全くわけがわからない。 そんな夢を見た。 2010.07.19 Monday

真夜中

夜、ひとり目が覚める。 ここはどこだろうと思う。 電気が消えていて、真っ暗なので、一瞬ここがどこなのかわからない。 自分が住んでいる、亀戸のアパートの部屋の中なのだろうと思うのだけど、どうにも自信がなくて、電気をつける勇気がない。 よく目を凝…

わき汗

担当編集者のNさんと亀戸サンストリートのカフェ、ヌックカフェという店で打ち合わせをした。Nさんははじめて亀戸に来たらしい。特にサンストリート亀戸が気に入ったとのこと。やはり映画『デビルマン』で、世界の中心としてまで描かれた亀戸サンストリー…

僕が僕であるために

最近、ローソンオリジナルブランドの、「シーチキン」にハマッている。一缶百円と安いからだ。最近コンビニは、スーパー購入層を獲得しようと思っているのか、オリジナルブランドを展開して、多くの人がスーパーで買うような食料品を安い値段で売っていたり…

東京日記(25)

巨大な巻きグソの被り物を頭にのせ、ナチスのような軍服を着て、聴衆に向かって演説をしている自分の夢を見た。かなりの人達が集まっている。わたしの後ろに、みんな片手を上に掲げ、一糸乱れぬ感じで起立して並んでいるいかつい男達も、皆、巻きグソの被り…