読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

上京日記

上京日記(13)

四月十二日 うんこを漏らしそうになる。 2007.04.12 Thursday

上京日記(12)

四月十一日 夕方、免許書記載の住所変更手続きのため、免許センターに行く。外国人の人が結構いる。なんだか東京だな、という感じがした。 住所変更窓口の隣は、失効、再交付手続きの窓口だったのだが、何だか柄の悪い人ばかりである。どうしてだろうか。 そ…

上京日記(11)

四月十日 夜、あと一週間ぐらいでベットが来るなと思っていて、ふと気づいた。 これで好きなメスをお家に連れ込んだら、押し倒すことができる。手を叩いて喜ぶ。相手はまだいない。 少子化対策にはベットが有効かもしれない。日本は、欧米の国々に比べて、セ…

上京日記(10)

四月九日 駅前をぶらぶら歩いていると、突然ふくらはぎに何かが強くぶつかったような痛みを感じた直後、何かが強く押しつけられて来て、バランスがくずれて前のめりになり、そのまま体勢を立て直すことが出来ずに倒れてしまった。両手をつき、両膝をついた。…

上京日記(9)

四月八日 町の人はわたしのことになど興味は無いみたいだが、どうも町に住む動物はわたしのことに興味があるみたいだ。夜、ゴミを出しに行くと、少し離れたところか ら猫がじっとこちらを見ていたり、わたしがベランダで洗濯物を干していると、少し離れたビ…

上京日記(8)

四月七日 玄関チャイムがうるさいので起きて行ってみると、見知らぬオヤジが立っていた。NHKの集金だという。なんと、転入届をしたとたん、いままで一度も来な かったNHKがやって来た。役所とNHKには何か繋がりがあって、情報を流しているのではな…

上京日記(7)

四月六日 部屋に、ゴザを敷き、テーブルを置き、カーテンをかけると、あら不思議、わたしの部屋も、人の住むらしきものに変わった。板敷きの部屋にダンボールがあるだけ、部屋の中でなぜかホームレス風の生活を営む変わったオヤジが、お家に暮す人の末席に加…

上京日記(6)

四月五日(そのニ) ベットはやはり直ぐには届かない模様。最短でも十八日だと言われる。十八日まで床のうえに寝なければならない。明日、ふとんが届くが、床に直接敷くのは気がひけるので、井草のゴザを購入。テーブルとカーテンも買う。 バスで帰ろうかと…

上京日記(5)

四月五日(その一) ニトリに行く。とても広くて驚く。巨大なベージュ色の倉庫といったおもむき。大きな棚が並び、家庭用品がとめどなく陳列されている。そこを、大きなカートを押して、気に入ったものをどんどん入れていくという仕組み。 すべての商品が驚…

上京日記(4)

四月四日 工事完了、電話開通。 寝袋まだ来ず。変わりに不審な番号から携帯に着信あり。東京ではどんな詐欺に合うかわからない。電話には出ないでおく。実家に電話し、布団をすぐ届けてもらうように頼む。もう寝袋はどうでもいい。 この部屋にはエアコンがつ…

上京日記(3)

四月三日 宅急便で洗濯機が届く、早速設置にかかる。水道蛇口に給水ホースをネジで固定するのが上手くいかない。女子なら色仕掛けで知り合いの男子にやらさせればいいかもしれぬが、オヤジのわたしにはちらつかせる乳や尻や脚がない。オヤジがしなを作ったり…

上京日記(2)

四月二日 家具インテリアの大型チェーンで、ニトリというメーカーがある。ネットなどで調べると、ここのパイプベットがかなり安く、お金がないのでベットはそれを買 うことにしたのだが、日本中の貧乏人が同じことを考えているのか品薄で、注文してから二週…

上京日記(1)

四月一日 今日から東京生活始まる。 不動産屋によると、大家が一度会いたいと言っているらしい。菓子折りを持って伺う。 ゴミ出しの方法の説明を受け、仕事などについての探りを入れられる。わたしは公務員のように収入が安定した職業にはついていない。相手…