薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

ちんこかゆ太郎

諦めざるを得なくなって、辞めていると、何の準備もしてないのに話が舞い込んで来たり、それじゃあとやる気をだすと、話がダメになったり、それでもとやり始めると、病気になって出来なくなったり、もうどうすればいいのだろうか。どうする必要もないのかも…

何もしてない

秋葉原で父親と待ち合わせをした。書泉ブックタワーの下にいるとのことで、日が落ちて夜になりはじめてるなか、そうだと思われるビルに近づいていくと、わたしを二、三十歳年を取らせたような老人が、ビルの入口あたりの柱の台座に腰をかけているのが見えた…

休止

会って話した結果、書いたら原稿を持ち込んでいいことになった。あなたがこれまであまり書こうとはしたがらなかった、自分のことを書いてくれるなら、ということだった。見本の原稿も読んでくれていて、それについていろいろ話をした。書き上げるか、ある程…

三年ぶりにメールを出す

三年前ぐらいまで、原稿を読んでいただいていた方に、見本の原稿を付け、できれば持ち込みをしたいとメールを送った。しかしもう、自分のことなど憶えてはいないかもしれない。憶えてはいたとしても、今更原稿を読んでくれませんかなんてメールをすること自…

世の中に出る

下流やたとえばゲイとかのマイノリティの人が世の中に出るときに乗り越えなければならないのは、自分の利用価値を認めて近寄ってくる人たちが、自分に礼儀正しくはしていても、人として敬意を持ってはくれていない、見下して蔑んでいるとしても、それに必要…

オレはまだ本気出してないだけ

自分は臆病者で、自分というものに絶望したら、生きていくことが出来なさそうなので、どこか手を抜いているところがあることにいまさらながら気づいた。何事かをする前から、失敗を想定して、「まだ本気出してないだけ」と言い訳ができるように、全力を尽く…

差別と区別

差別と区別って、どのレベルなのだろう。僕がうつ病になって、その後一時職場復帰したとき、以前はそれなりに好意的な態度を取ってくれていた女性、なにかふたりの間にロマンチックなことでも起これば、そういうことになっても構わないかもしれない、ぐらい…

時間

『どうしてボクは』で書いた、本の中に出てくる人たち(問題があるので、当然すべてそのままのことを書いているわけではないが)。十年以上前に、一緒に働いていた人たちのことを突然思い出し、眠れなくなってしまった。自分も十年以上経って、年を取ったが…

バーベキュー

本読んでたら、バーベキューの深層にある宗教的意味について書かれていて、肉を焼いて天に煙を上げて共に食うというある種の宗教的儀式みたいらしい。つまりバーベキューをする友だちがいないというのは、想像以上に友だちがいないというか、孤独ということ…

同じ価値観

うつ病で仕事を辞め、三十でアルバイトをして辛い、というのがあるけど、その悩みや苦しさは、自分の中に、それをダメだと思う(普通の人間はそうじゃないという)価値観が内面化されているからで、うつ病をダメ扱いし、いい年してバイトをする人を見下す人…

1Q84

独裁者になったら何をしたいと訊かれ、「おっぱい法」を制定したい、私からお願いされたらどんな女性もわたしにおっぱいを一度は見せなければならない、という法律を作る、と言ったらお前バカじゃないのか、と言われた。四十歳にもなって、世の女性がわたし…

東京日記(64)

いま住んでいる町には、本当に鳥が多く住んでいると思う。いま、ベランダから見える、すぐ目の前の家のテレビアンテナにも、どこからかやってきて、小鳥が一羽とまっているが、つくづく鳥は奇妙な生き物だと思う。奇妙じゃない生き物などいないんだろうけど…

東京日記(63)

なぜ、わたしはバイトリーダーに嫌われるのだろう。 必ずどんな場所に行っても、そこのバイトリーダー的な人に嫌われる。 前世でバイトリーダーを崖から突き落としたりしたのだろうか。 激流に流されていくバイトリーダーをじっと見つめていたとか。 ちゃん…

運とは他人が持ってくるもの

運とは他人が持ってくるものだと思う(もちろん不運もあるが)。だから出会いは大事にしたほうがいいし、そのときピンと来なくても、出会った人には何かしらの縁や運命的にひかれあうものがあったのだと、数年後に気づくこともある。縁は切らないほうがいい…

小説講座

思うところあって小説講座に参加した。 事前に原稿を提出するルールになっているとのことで、以前、編集者がついて原稿を仕上げてOKが出て、雑誌に掲載される予定だったのだけど、事情があって寸前でボツになった、もしかしたらデビュー作になったかもしれ…

チャンスを逃し続ける人生

テレビ番組から出演の依頼があった。 出版社経由で話が来たので詳しくはわからないが、団塊ジュニア?就職氷河期世代?の不遇な人の一人として、番組に出て欲しいとのことだった。出演依頼をしてくれた方は、以前、2009年に出たわたしの本を発売時に読ん…

社会とは、自分や他人でどう儲けるかを考える場所だ

ドラゴンボールでいうと、自分が悟空やベジータではないと知ってはいるが、果たしてクリリンなのかヤムチャなのか、ブルマなのか亀仙人なのか、あるいは戦闘力5以下のゴミなのかわからない。やっぱり身近に似た仲間がいて、比較して、絶望して、でもやっぱ…

東京強歩(2) いちども行かずにおわる大島という町が戦争をしかけてくる

とりあえず、まずとなりの町はどうなっているのか、わたしは自分で確かめてみることにした。家にあるポケット地図を見ると、わたしの住む町、江東区亀戸のとなりは大島となっている。しかし、亀戸のとなりは大島だといわれても、現実感がない。わたしはじっ…

東京強歩(1) 東京はどこにある

とにかく東京を歩いてみようと思った。東京に出てきて一年以上経ち、毎日東京に居るはずだが、わたしは東京に住んでいるのだ、という実感がない。果たしてここは東京なのだろうか、と思うことがよくある。普段生活しているところは、東京の東の方の下町と呼…

東京日記(62)

海は広いな大きいな、なってみたいなヤリマンに。 2015.04.01 Wednesday

東京日記(61)

ツイッターのプロフィール欄に徳間書店から本を出しているということを書くと、それ以降誰からもブロックされなくなった。 2015.03.24 Tuesday

東京日記(60)

ツイッターで、ファンだった漫画家(女性)のアカウントを見つけたのでフォローすると、ブロックされた。 フォローしただけでブロックされた。 何かしたわけでもないのに、フォローされているだけでもイヤだ、ということらしかった。 つぶやきさえも見てはい…

香ばしい人

ある純文作家志望の人のツイッターのつぶやきをブックマークしたら、なんだか香ばしいひとにブクマされちゃいましたよ、とつぶやかれた。香ばしいとはネットスラングのようで、意味がわからないので検索して調べてみた。 そこはかとなく頭がおかしい感じのす…

からっぽの町

普通にそこそこ社会生活を送っている。不可もなく、その場の人間関係を送っている。それなのにふと、ときに魔がさすように、こんなことしてなんになる、と思ってしまう自分がいる。 働いているなかで、職場の人と協力し、小さなことだったとしても仕事で成果…

東京日記(59)

友達になりましょうと言った人から避けられるようになった。 2015.03.07 Saturday

東京日記(58)

失敗者とみなされて生きている。 2015.03.02 Monday

東京日記(57)

自分が長年続けてきたことは、辞めないほうがいいですよ。評価されなくても続けた方がいいです。辞めようとすると、酒とか依存性のあるゲームにはまるようになります。女性は、私のことを大事に思うなら、あなたのやっているそれをやめて、という人がいます…

おっぱいが見たい

クリスマスの夜。 小さな男の子が、おとうさんに肩車をされてはしゃぎまくっている。 笑いあうふたりの息が白い。こどもの笑い声っていい。 男の子もおとうさんも幸せ。 若い女性が身体に密着したセーターを着て、コートを羽織り、笑顔を浮かべてどこかへ急…

東京日記(56)

私は知り合った人に自分の本やブログを見せて、以後軽蔑されたり、距離を取られるようになったり、キモ悪がられたりすることがある。こたえる。向いてないのか。 2015.01.28 Wednesday

東京日記(55)

東北新幹線に乗ったら、新幹線を子どもに見せに来ている親子連れを何組か見かけた。 2014.11.22 Saturday