薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

三年ぶりにメールを出す

三年前ぐらいまで、原稿を読んでいただいていた方に、見本の原稿を付け、できれば持ち込みをしたいとメールを送った。
しかしもう、自分のことなど憶えてはいないかもしれない。憶えてはいたとしても、今更原稿を読んでくれませんかなんてメールをすること自体が、してはいけないことなのかもしれない。
会社の一次面接で落ちたやつが、やっぱり入りたいからまた来ました、となぜか二次面接の会場に座っているような。そんなことをしているのかもしれない。
どうやってこいつを追い出したらいいのだろう。多くの人間が察する方法では、このバカにはわからない。自分はそう思われているのかもしれない。何だか気の毒な人。本人は気づいていないかもしれないが、ひとりぼっちな人。皆、一歩引いて接している。
もう一度書きたいから読んでくれというのは、自分勝手過ぎる願望だ。
何で書いたから読まないといけないのだろう。
これから書こうとしているものは、メールを送った方が、こんな自分を認めてくれて、書いてくれ、と以前言ってくれたものだけど、失望させてしまい、もう終わっているのだから、別に連絡する必要などはなかったのかもしれない。
ひとことことわっていた方がいい気もしたけど、向こうにとっては迷惑な話で、申し訳ない気がした。
メールへの返信もないのが当然だから、それで次に進まないといけない、と思った。
しばらく待っていたが、メールは何も送られてこない。
できればその人のもとで、というのはこっちの勝手過ぎる願望だ。
よし、次に進まないと、と思っていると、返信のメールが返って来た。
しかし、忙しくて原稿は読めそうにはないと書かれていた。
最近作家のツイッターで知ったのだけど、忙しくて読めない、というのは、ことわりの意味である、ということらしかった。本当に言葉通りの場合もまれにあるが、たとえばまた催促して、まだ読めてないです、と言われたら、もうそれはそういうことなのだと、察しないといけないということのようだった。
自分の場合は、もう一度連絡するまでもなく、完全にことわりの意味だ。
もう迷惑だから、二度と連絡してもいけない。
そうだよな、と思って次の日仕事に行った。
帰り道、携帯にメールの着信があった。物書きの仕事に使っていた(といっても昨日メールを送るまでは三年使っていない)アドレスにメールが届くと、メールが携帯に転送されるように設定してあったのだった。
昨日メールを送った方からで、お会いしたいです、とメールには書かれていた。

 

2015.09.25 Friday

世の中に出る

下流やたとえばゲイとかのマイノリティの人が世の中に出るときに乗り越えなければならないのは、自分の利用価値を認めて近寄ってくる人たちが、自分に礼儀正しくはしていても、人として敬意を持ってはくれていない、見下して蔑んでいるとしても、それに必要以上に傷つかないタフさなのかもしれない。
自分はいちいちそれに傷ついて(自分の気づかないところで恨みの感情をためて)、失敗したり、自分を見失ったりしていた。

 

2015.08.25 Tuesday

 

広告を非表示にする

オレはまだ本気出してないだけ

自分は臆病者で、自分というものに絶望したら、生きていくことが出来なさそうなので、どこか手を抜いているところがあることにいまさらながら気づいた。何事かをする前から、失敗を想定して、「まだ本気出してないだけ」と言い訳ができるように、全力を尽くさない。挫折しきれる程努力しない。出来ないいまの自分を直視しない。もう自分はダメだ、全力を尽くしたのに、ここまでしか行けない、と自分に絶望するところまでは努力していなかった。(もちろんその時は、一生懸命やってたつもりだが、後から考えると逃げ道を残していたのだ。)自分を諦めきらずにつづけることも必要だとも聞くが、しかし振り返って、後悔する。全力でやりきっておけばよかったのに、と後悔する。全力でやり切りさえすれば、言い訳をしないで、もうダメだからと別の道に進める。自分ではどうにもならないこともたくさんあるが、それのせいにしなくなる(自分はそれでもするかもしれないが)。もう自分はここまでだ、と思うまでは。

久しぶりに、以前に、2008年か7年ぐらいに、自分が人生ではじめて書いた小説(小説とはいえないようなレベルのものだけど)を読んでみた。うわこりゃダメだ、という代物だったのだけど、これから自分が書こうとしている、書くべきなのは、こういうテーマのものではないか、とも思えて、それをかなり書き直してみた。書き直してみたけど、書き直せないところや、その頃、自分が憧れていた作家の影響や、ほとんどマネに近いところもあって、書き直しながら、憧れていた作家の出来の悪い幻の作品(もちろんレベルが違い過ぎるが)を書いているような錯覚もあり、その模写というか、それを書く中で、逆に自分が出てきたような気がした。

 

kaorubunko.hatenablog.com