読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫の下流日記

日記、近況、習作、その他ゴミ置き場

父語る

日記

おやじよ、オレと一緒のとき、なぜうんこをもらしたときの話をするのだ。もっとドラマの一場面のような話を出来ないのか。菅原文太クリント・イーストウッドが、息子にうんこを漏らした話を語るシーンなどないだろう。

おやじの70年に渡る人生の中で、特に思い出深いうんこエピソードをオレに語って聞かせて、いったい何になるというのだ。

わたしは東京駅構内の、銀の鈴前のベンチに座って、おやじの「うんこベスト5」を聞き流しながら、東京駅の地下街を行き交う人を眺めた。

身なりの良い、どこぞの文系大学の教授みたいな感じの、50代ぐらいの男性が、息子なのか、小沢健二オザケンみたいな青年を連れて、どこかに家族での用事があるのか、おそらく手土産の、老舗菓子店のだろう紙袋などを二人とも提げて、歩いていく。

息子である、オザケンみたいな青年はダッフルコートをオシャレに着こなしている。一目見て、あれはかなりの値がするコートだとわかる。きっといい大学を卒業して、一流企業などに勤めているのだろう。

持ち込みに行ったとき、向かい合った編集者の人がこんな感じで、20代後半ぐらいだった。

オレが四十前になんとかたどり着いた場所に、この人はもうこの年で余裕でいて、ここから更に経験を積んでいくんだろうな。選ばれた人たち同士で仕事をし、そして私生活でも同じような感じの人と結婚して、子どもは私立の学校とかに入って、などと思ったことをふと思い出した。

まだ横で、うんこの話をしている。

浅田彰や、東浩紀や、宮台真司が、息子にうんこをもらしたときの話などしないよな、浅田彰の「うんこベスト5」などありえないものな、と思った。

 

2014.08.14 Thursday

 

kaorubunko.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

東京日記(54)

東京日記

ヒトラーの格好をして、大きな地球儀と満面の笑みで布団に入る夢を見た。

 

2014.03.08 Saturday

 

広告を非表示にする

この人は痴漢です

日記

この人は痴漢です、と言われた。

いきなり電車で手を掴まれ、この人です、この人は痴漢です、と大声をあげられ、駅のホームに無理やり引きずりおろされた。

わたしはやっていなかった。

違うと訴えても、誰もわたしを信じてはくれなかった。

自分は作家だと言っている契約社員であるこの四十代の男性は、本を出したが全く売れず、ブログを見ると、テレビで言うのがはばかられるような内容が書かれていて、肥大した自意識と、醜く膨れ上がった自己承認欲求が感じられます。SNSやブログで、自分が何者でもないのを認められず、何者かになりたがる人たち、今こういう人がたくさん増えています。満たされない心が、無力な女性への痴漢という行為に彼を駆り立てていったのでしょうか、現代人の心の闇を象徴した事件だと思います、と言われた。

職場も首になり、内緒にしていた本も読まれ、ホント気持ち悪い、と言われた。

アパートの部屋からは出てってくれと追い出された。

知り合いには、いつかそういうことをする人だと思ってました、へんな人でしたよね、と言われた。

それからずっと、誰もわたしを相手にはしなかった。

そういう夢を見た。

 

2014.02.23 Sunday

 

広告を非表示にする